ぐるなび 元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日山形

つみれ鍋

海の幸5品お試しセット


つみれ鍋
楽しく囲む鍋料理
今回ご紹介します鍋料理レシピは、「つみれ鍋」です。つみれと言えば、つみれ汁やおでんの具として食されていますが、今回の鍋レシピでは鍋の具材として使います。つみれの消費が寒い季節に多いことも、温かい料理に使われることがほとんどだからでしょう。
では、はじめましょう。

楽しく囲む鍋料理「つみれ鍋」レシピ


≪材料≫
・イワシ...200g tumire_nabe.jpg
※イワシ用調味料
(料理酒、塩、片栗粉、ショウガ)
・白菜...4分の1個 
・長ねぎ...1本 
・えのき...1袋 
・水...2カップ 
・しょうゆ...少々 
・料理酒...少々 
・みりん...少々 
・三つ葉...お好みの量


≪作り方≫

1、イワシはまな板の上で包丁を使い手動で細かく刻むか、簡単にフードプロセッサーを使うかどちらかの方法で、細かくします。そこへ、イワシ用の調味料を入れてよく混ぜます。最近ではスーパーで、すり身として売られていますので、それを使っても構いません。
2、白菜、長ねぎを食べやすい大きさに切りましょう。えのきは石付を落とし、小分けにしておきます。
3、鍋に水、料理酒、しょうゆ、みりんを入れて煮立たせます。煮立ったところで、イワシを丸めて1個ずつ入れていきましょう。全部入れましたら、そこへ白菜、長ねぎ、えのきを入れて煮込みます。
4、全体に火が通りましたら、仕上げに三つ葉を少々加えれば出来上がりです。

つみれという名前の由来は、練った魚肉を摘まんで湯に入れる摘み入れという行為からつけられ、その歴史は古く江戸時代にはすでに人々に食されていたと言われています。江戸時代の方々も食していたであろう食材、つみれを使って平成時代の私たちも鍋としていただいてみましょう。

人気の鍋もの102―料理ならおまかせ 食卓をおいしくする“あったか”料理 (特選実用ブックス)

人気の鍋もの102―料理ならおまかせ 食卓をおいしくする“あったか”料理 (特選実用ブックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本






posted by 鍋料理 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | つみれ鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。