ぐるなび 元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日山形

水炊き


今回ご紹介する鍋料理レシピは、「水炊き」です。

今回は鶏がら(粉末)を使いますが、本来は鶏肉をだしで煮たものを水炊きと言います。この水炊きは、もともと福岡の郷土料理として知られています。




鶏肉が博多に多く集められ、そこへ中国風の調理法が入ってきたことが始まりとなり、水炊きは別名博多煮とも言われています。
鶏肉を食べてから、豆腐や野菜を食べて最後に雑炊で締めくくるという食べ方が正式とされています。鶏肉を食べてから野菜という順番はさておき、最後に雑炊を食べるという締めは今とかわりませんね。

今回ご紹介します鍋料理レシピは、味の主張がそれほど強くないのでさっぱりと食べることができますし、もし残ってしまっても味の変更が可能な鍋です。
では、はじめましょう。

●水炊き

材料:
・鶏肉(もも)...3枚 
・白菜...2分の1個 
・長ねぎ...1本 
・しいたけ...3個 
・しめじ...1パック 
・絹ごし豆腐...1丁
・春雨...適量 
・水...2リットル
・鶏がら(粉末)...大さじ3
・しょうゆ...大さじ2


作り方

1、まず鶏もも肉を食べやすい大きさに切りましょう。白菜も食べやすい大きさに切り、ねぎは2,3cm位の長さにします。
2、しいたけは半分に切り、しめじは石づき(下の部分)をとっておきましょう。豆腐は食べやすい大きさにして、春雨は熱湯で茹でておきます。
3、鍋に水と鶏もも肉を入れてアクが出てくるまで少し煮ます。アクが出てきたらきれいにとって、そこへ白菜、長ねぎ、しいたけ、しめじを加えます。
4、また少し煮てから、豆腐と春雨を加えて、白菜に火が通ってきたところで、鶏がら、しょうゆを加えます。味見をして少し薄いようなら塩を加えても構いません。
そのまま食べても、ポン酢やゆずこしょうなどで食べてもおいしくいただけるでしょう。


【九州直送】ラーメン、明太子、もつ鍋等!【くいもんや(qimonya)】





posted by 鍋料理 記録の細道 at 11:35 | Comment(0) | 水炊き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。