ぐるなび 元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日山形

モチ鍋


  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

今回ご紹介します鍋料理レシピは、「モチ鍋」です。
モチと言ってもお正月に食べるような本格的なものではなく、お米ともち米を炊いたご飯で作る手軽なモチです。
3対1くらいの割合で炊いたお米をつぶして丸めるといういたって簡単なものです。今回の鍋料理レシピでは、簡単なモチですがお正月で余った場合の本格的なモチを入れていただいても構いません。その場合は、一度焼いてから入れることをおススメします。
では、はじめましょう。

鍋料理「モチ鍋」
motinabe.jpg≪材料≫
・もち米を入れて炊いたお米..1合 
・片栗粉...少々 
・鶏肉(もも)...200g 
・長ねぎ...1本 
・しめじ...1袋 
・白菜...4分の1個 
・シラタキ...1袋 
・セリ...少々 
・ごぼう...適量 
・コンソメの素(固形)...1個 
・水3...カップ 料理酒...少々 
・しょうゆ...少々 塩...少々

≪作り方≫
1、はじめにモチを作ります。お米が炊きあがりましたら、そこへ片栗粉、塩を少々ふり麺棒などですりつぶしてください。粘りが出てきたら、食べやすい大きさに丸めていきましょう。
2、次に、鶏肉、長ねぎ、しめじ、白菜、セリを食べやすい大きさに切りましょう。シラタキは熱湯で茹でておき、ごぼうはささがきにしておきます。
3、鍋にコンソメの素と、しょうゆ、料理酒を加えて煮立たせます。煮立ったところへ、鶏肉、しめじ、白菜、セリ、シラタキ、ごぼうを加えて煮込みましょう。
4、全体に火が通りましたら、モチと長ねぎをいれます。このときモチはあまり煮込みすぎないようにしましょう。モチが温まれば食べ頃です。1個食べては入れて煮込み、また1個入れてというようにしたほうが煮崩れは防げるでしょう。


おいしい北海道を釧路から ?? 専門店のかに、うに、いくら、旬の逸品をお届け!
posted by 鍋料理 記録の細道 at 16:43 | Comment(0) | もち鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あさり鍋




おいしい北海道を釧路から ?? 専門店のかに、うに、いくら、旬の逸品をお届け!

momobgyoko.JPG

今回ご紹介します鍋料理レシピは、「あさり鍋」です。あさりは、口がしっかり閉じていて貝の表面が黒いものが新鮮です。あさりのおいしい時期は、産卵前の冬から春といわれています。
あさりの栄養価としては、良質のタンパク質を含んでおり、肝臓強化の役割を果たすビタミンも含まれています。さらに、血液をサラサラにするタウリンも含まれており大変体に良い食べ物です。
鉄やビタミンは水に溶けやすいので、スープにはあさりの栄養がたっぷりです。
具材だけではなく、ぜひスープもご賞味ください。
では、はじめましょう。

楽しく囲む鍋料理「あさり鍋」のレシピ

asari.jpg
≪材料≫
あさり...150g 
エノキ...1袋 
絹ごし豆腐...2分の1丁 
セリ...少々 
水2...カップ 
塩...少々 
しょうゆ...少々



≪作り方≫
1、あさりは使う前に砂抜きをしておきましょう。
砂抜きの方法は、水に対して3%くらいの塩を入れて2〜3時間そのまま動かさず置いておきます。
あさりは、吐いた砂をまた吸ってしまいますのでボールにそのまま入れず、ざるに入れるなどして少し底から浮かし、再び砂を吸うことを防いでください。
2、鍋に水とあさりを入れて火にかけます。アクが出てきますのですべて取り去ってください。
3、アクを取りましたら、塩としょうゆを加えて、エノキ、絹ごし豆腐、セリを入れましょう。
4、全体に火が通りましたらでき上がりです。
あさりは熱しすぎるとかたくなりおいしさが半減しますので、注意してください。

これで、アサリ鍋の完成です。みんなで、鍋を囲んでくださいね♪

ごちそうひとり鍋―食材使いまわし!野菜たっぷり!毎日違う味! (別冊エッセ)

ごちそうひとり鍋―食材使いまわし!野菜たっぷり!毎日違う味! (別冊エッセ)

  • 作者: 村上 祥子
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本



posted by 鍋料理 記録の細道 at 14:23 | Comment(0) | あさり鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚バラ肉の「ハリハリ鍋」





momobgyoko.JPG

豚バラ肉の「ハリハリ鍋」
楽しく囲む鍋料理

今回ご紹介します鍋料理レシピは、「ハリハリ鍋」です。
ハリハリ鍋のハリハリとは、水菜を食べた時のハリハリとした食感からつけられました。
もし、ハリハリではなくバリバリとかんじたら、バリバリ鍋になったのでしょうか。バリバリよりは、ハリハリのほうがおいしそうですね。さてこの水菜ですが、別名京菜とも呼ばれていまして京都では冬を告げる野菜として知られています。
水菜はくせのない味で、どんな食材との相性も抜群ですし、ビタミンCが多く含まれていますので寒い季節の風邪予防にもなります。
ハリハリ鍋は、本来であれば鯨肉を入れますがなかなか手に入らないものですから、今回の鍋料理レシピでは豚バラ肉で代用しました。
もし、鯨肉が手に入る方がいましたらどうぞこのレシピで本来のハリハリ鍋を召し上がってみてはいかがでしょうか。
では、豚バラ肉のハリハリ鍋作りをはじめましょう。

豚バラ肉の「ハリハリ鍋」レシピ
hariharinabe.jpg≪材料≫
水菜...1束
豚バラ肉...200g
油揚げ...4枚 
しいたけ...1袋 
長ネギ...1本 
だし汁...3カップ 
みりん...少々 
しょうゆ...少々 
塩...少々

≪作り方≫
1、水菜はよく洗い食べやすい大きさに切っておきます。しいたけは石づきを落とし小分けにします。油揚げ、豚バラ肉、長ねぎも切っておきます。
2、鍋にだし汁、みりん、しょうゆ、塩を入れて煮立たせます。煮立ったところで、豚バラ肉を入れアクを取りましょう。
3、アク取りが終わりましたら、油揚げ、しいたけ、長ねぎを加え全体に火が通れば完成です。
水菜は、さっと鍋に入れいただきましょう。
水菜の新鮮な食感を楽しんでハリハリ鍋を食べてください。





エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集



posted by 鍋料理 記録の細道 at 15:30 | Comment(0) | ハリハリ鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。